心地よい空間へのこだわり

心地よい空間へのこだわり

おもてなし館 きじま本陣

きじま本陣由来

戸塚という土地は、古くは江戸時代、東海道五十三次の5番目の宿場町です。古くから日本の大動脈として、多くの旅人の往来があったところです。特にきじま本陣の前には、現在では、澤辺(さわべ)本陣跡の記念碑が建てられており、戸塚宿の要の様なところでありました。

 

honjin01

 

本陣とは、 江戸時代以降の宿場で大名や旗本、幕府役人、勅使、宮などの宿泊所として指定された家のことであります。きじまでは、歴史ある場所にちなんだ名称で、お客様にくつろぎの空間を楽しんで頂きたいと願い店名を、おもてなし館きじま本陣とさせていただきました。

店舗の構え

入口には、お客様をお迎えする下屋に掛かる暖簾(のれん)[京都よしおか作]をくぐると、目の前に広がる赤いじゅうたんの階段。

 

honjin021

 

お部屋にお通しする前の大切な空間にはその季節にふさわしい生花の活けこみがあり、くつろいでいただくために、お靴を脱いでいただいてお待ちいただきます。

各お部屋の由来

当館、おもてなし館きじま本陣は、旧東海道本陣前の立地を物語に、入り口の赤いじゅうたんを、東海道五十三次の始点日本橋に見立てております。

 

honjin03

 

階段の中腹左には、「歌川芳虎作」の、江戸日本橋より京都三条大橋を抜け京都御所までを、12枚つづりの浮世絵「東海道五十三次全景」が飾られております。この浮世絵は大変珍しく、数ある浮世絵の中でもこのように12枚数をひとつながりで見る事が出来る浮世絵はなかなかございません。ぜひご来店の折には、じっくりご覧になってください

各お部屋

赤い絨毯を上りますと左手に品川の宿のお部屋になります。

 

honjin09

 

きじま本陣では、各お部屋に「東海道五十三次」の宿場町の名前を付けております。それも、きじまが海の幸を取り扱うところから大磯の宿・小田原の宿・沼津の宿・由比の宿・浜松の宿とお部屋に名前がついております。最後の奥の大広間が「京の間」となっており、お店の入り口から奥の大広間迄を東海道とイメージしております。なお、各お部屋には、宿場にちなんだ「浮世絵」をお部屋のしつらえとして飾っております。ぜひお楽しみください。

遊び心

きじま本陣には、隠れたお楽しみをご用意しております。一階赤い絨毯を始点に、二階の奥の大広間、「京の間」に至る廊下には、何羽かの小鳥がお客様をお出迎えしております。壁つたいを少し見上げていただけば、「あら、この瓦に一羽‥」と、可愛い小鳥が羽を休ませております。さあ、いったい何羽いるのでしょうか? ぜひご来店の折にお楽しみください。

お部屋のしつらえ

本陣のお部屋には、几帳があります。開業当時、本陣の由来より、お殿様がお泊りになるようなおもてなしの空間として、何かお部屋にしつらえる物があればと、京都に出向きました。四条通りで、昔の鉄鋼問屋の町屋の後を、京着物の店として営む四君子(しくんし)さんにふと入ったおり、素晴らしい几帳を拝見させていただき、感動し、どうしてもきじま本陣で飾りたいと思い、お店の方にお願いをいたしました。本来は着物のご商売なのですが、熱心に頼み込む姿に負けたとおしゃられて、当時の支配人様が特別に、几帳に着物の反物を付けたものを、創っていただきました。本陣では、お客様のお隣のお席からの視線を守る「つい立て」として利用させていただいております。ぜひこちらもご覧ください。

日本大漁物語きじま 大船店

入り口

ビルの一階より伸びる温もりある木の階段。入り口に脇にそびえる孟宗竹の竹林。

 

ohuna01

 

磯の波打ち際の竹林にそびえる番屋をイメージした入り口。階段が日本大漁物語きじま大船店です。土壁で創られた壁には、古く愛用された、イカ釣り船のランタンが飾られ、三浦三崎小網代湾の漁師の艪(手漕ぎ船の道具)が張り付けられており、また上りきった手摺にも使われており、まさに番屋の入り口を表現しております。

エントランス

自動ドアを開けると赤い絨毯がお客様をお迎えします。

 

ohuna021

 

その奥にある堀生簀(いけす)の中には、獲れたての旬の活けいかが泳いでおります。まるで磯の岩陰の潮溜まりのようなイメージで作り上げました。

お部屋

大船店のお席は入り口より右と左に分かれています。左側のお席はお部屋が三つ奥の突き当りのお部屋が「浜祭り」 豊漁を祝う浜の祝宴をイメージしたお部屋です。お隣の大きいお部屋は「波止」(はと)といい、船をつける防波堤のように細長いお部屋です。向いの個室は「番屋イ」。完全な個室で静けさを表現した土壁の模様は凪た海面をイメージしております。入り口入って、左側の壁に飾られてある「唐津くんちの14の曳山」の絵が出迎えます。調理人の仕事がわかるカウンターの上の水槽にはその時期の旬の魚介が泳ぎ波間に見立てた欄間の迫力が祭りの楽しさをイメージしています。

 

ohuna04

 

個室は二つ番屋ロと番屋ハ障子を閉めた中では土壁に古板を張り付けた浜の番屋の雰囲気を作り上げ、漁を終えた漁師が仲間労をねぎらう場所としてイメージしました。

 

ohuna05

 

ohuna033

 

カウンターの前のお席は、浜の納屋で網をしつらい直すイメージです。カウンターからこぼれる調理人の威勢の良い掛け声が、波間の潮騒のごとく勇壮感が伝わるお席です。

 

ohuna07

 

 

日本大漁物語きじま 新横浜店

入り口

ホテル内というとモダンな和食店が多いので、あえて、より日本の伝統ある建築の豪華さと、晴れの日にふさわしい和のしつらえに、こだわってみました。麻の、のれんを潜ると、日本の伝統の色に染めた朱色の格子の天井には、古くは茶室にも使われた本網代の天井が広がります。

 

shinyoko01_

 

大広間

多くの方々が一堂に会せられるようにテーブルもテーブル間も余裕のあるつくりとなっておりますこのお部屋は主にご宴会やご会合、、また慶事ごとや法要のお席にご利用していただきたくご準備しました。お部屋は二つに仕切られるようになっておりその襖には桜吹雪をイメージしました。照明にも桜の花びらをちりばめました。想いは桜。日本の伝統の桜の花には、一年に一度の出会いと別れがあります。

 

shinyoko04

 

開花を待ちわびる出会いのお席。桜の花びらが散っていく別れのさみしさこのような思いから、歓送迎会や顔見せや親族の集まる出会いまた法要席においても、散りゆく悲しさだけで終わることのない、また来年の開花を待ちわびるような期待のあるお席をお客様にご提供できればとの思いから装飾いたしました。

入り口から右奥の個室群

入り口フロントより右手には、壁一面に広がる大屋石のその奥にホテルにいながら、離れの個室に案内されたような趣の違う個室群。

 

shinyoko10

 

床の間を配し、大切なお席に対応するべく狭い空間の息苦しさをなくすために雪見窓からのぞく灯篭や床の間の季節の生花のアレンジ。大切なご商談や久しぶりの方とだけの大切なお席をご用意いたしたく、ご準備しました。

 

shinyoko05

生簀

入り口を進むとまず見えてくるのが名物海の幸がふんだんに泳ぐきじまの生簀。

 

shinyoko02

 

磯の荒々しい岩をイメージした生簀には名物「活けいか」をはじめ旬の魚介類が、いっぱい泳いでおります。特に岩からのぞく生簀はお子様に大人気で生簀の周りには時折行列が出来上がります。

月の間

カウンターを右に見て、奥に足を運べば、そこには書道家、大山陽山さんの迫力ある筆使いが楽しめます。入り口、入って右側の壁には月という書が描かれております。

 

shinyoko11

 

両隅は月が倒れているように描かれ真中は月の字が立っています。お解りですか?これは、夜、日が沈んでから現れる月の動きを表現しています。月の出から夜明けまでの月の動きです。そして向かいのお部屋の壁にはその月夜に照らされる荒々しい夜の海を表しております。

 

shinyoko07

 

この空間は、照明も少し落とし気味で全体を月夜のしっとりとした明りにしております。

奥の間

大広間の左手を回り込むと、赤いじゅうたんに導かれるように奥の間があります。店の喧騒から少し離れた、静寂さをイメージしました。入口の引き戸には、手すきの和紙を張り、室内天井にも和紙を張り込み、お部屋全体を繭で包み込むような、温かさを表現しました。お部屋の額装も、静寂をイメージした書を描いていただきました。

可愛いヒラメか?カレイ?

フロント奥の、大谷石の壁には、私たちに長年、魚のイラストやデザイン、そして店名の日本大漁物語のロゴを作っていただいた、デザインスタッフの(故)江頭昭廣さんのアートを飾っております。佐賀県出身の江頭さんは、千葉県に住まわれ、お酒とお魚、そして奥様をこよなく愛する素敵な方で、お店の開店に合わせて創っていただきました。見ていただくと何枚かの陶器でできており、とても手の込んだ作品になっております。左ヒラメ右カレイなんて申しますが、さ~てこの魚は、かれい?ひらめ?

 

日本大漁物語きじま 東戸塚店

いけす

入口から見渡せる、東戸塚店のいけすは、きじま全店の中でも、一番の水量を持ったいけすです。

 

higashi01

 

名物活けいかを勇壮に泳がしたいとの思いで、手前の水槽だけでも、3トンの水量があります。豊富な海の幸をたくさん取り揃えて、お客様をお待ちいたしております。カウンター前の客席の天井は、金箔をあしらった格天井(ごうてんじょう)をイメージして造りました。モデルは大阪城の天守閣です。壁やふすまに装飾することは、よくありますが、お食事の時にふと見上げる天井の豪華さも大切ではないかと思い、それに見合う照明も特注で豪快さと気品あるものをとしました。格子の黒塗りと金・そして大きな行燈ぜひごゆるりと、お楽しみください。

翠簾(すだれ)

格天井(ごうてんじょう)には、そのお部屋にふさわしい宮中翠簾(すだれ)を仕立てております。

 

higashi02

 

いにしえの日本人の遊び心と申しますか、ただ壁で仕切られたお部屋にはないそのもの自体の風合いもまた楽しめる日本の古き良きものです。

 

窓側のお席

窓から外を見ながら、町の喧騒をしり目に、ゆったりと過ごしてもらいたいと堀席のお席を並べてみました。

 

higashi06

 

特に夜の街を見ながらのお食事に、物語を添えるように、アイアンで照明を創りました。手前から一つ一つの照明には、月の満ち欠けを現し、手前から月が夜空に上り、また沈むように並べております。

 

higashi03

 

月夜の縁側にたたずむような畳の廊下を挟んで竹林を配しております。この竹林の中には、きじま本陣同様、小鳥が何匹か羽をやすめております。ご来店の折、ぜひ探してみてはいかがでしょう。カウンターより奥へ進みますと、正面に黒竹と灯篭を配したお部屋があります。

 

higashi04

 

大切なお客様とのご飲食などでご利用いただきたく上座には銅箔をはりゆったりと過ごせる空間にしつらえてあります。東戸塚自慢のVIPルームです。店の一番奥には、大勢さまが一堂に会せる大広間をご用意させていただいております。

 

higashi021

 

50名様までのお席で、お部屋には孟宗竹の林を見立てたその中には、竹ひごで編んだ下がり行燈や竹で作ったオブジェなど、宴席に華やかさを添えてとの思いから、しつらえました。節目、節目の晴れやかなお席にぜひご利用ください。

 

日本大漁物語きじま 川崎モアーズ店

入口

都会の喧騒の中でゆっくりくつろげる空間をテーマに、川崎駅の正面、川崎モアーズ8階にきじま川崎店があります。

 

kawasaki01

 

天空の和食店のごとく、訪れるお客様がこのようなところに?と思っていただけるような造りにしてみました。エレベーターを降りると、真っ赤な絨毯がお客様をお迎えします。入口でお履き物を脱いでいただき、踏み心地の良いじゅうたんに、まず日頃の疲れをいやしていただきたい思いがあります。フロント前の水槽には、名物の活けいかをはじめその時期の旬の海の幸が満載です。

 

kawasak051

 

お部屋

赤いじゅうたんを踏み進めていただくとまずは左手に大広間が広がります。

 

kawasak04

 

最大56名様まで収容可能なお席は、ご会社関係のご宴会や歓送迎会・また各種ご会合やお集まり、時にはご法要などにも幅広くご利用いただいております。

 

kawasak03

 

お部屋のしつらえには、和の雰囲気を大切に着物の帯地で、お部屋の壁一面に貼り付け雅さと華やかさでお集まりになお一層花を添えます。また窓際から見える駅前の風景も、とても開放感があり、ゆっくりとくつろいでいただけます。大広間の向かいの個室には、壁には特別に絵を描かせ、三つのお部屋別々の趣を楽しんで頂けます。またこの個室は、テーブル席となっておりますので、足のご不自由な方にもゆっくり楽しんで頂いております。

 

kawasaki09

 

赤いじゅうたんのその奥には、離れの様に坪庭を中心に四つのお部屋があります。

 

kawasak06

 

窓に面した個室三部屋は、気の合うお仲間や大切な方とゆっくり楽しんで頂きたくご用意いたしました。夜のお席では、窓から見える駅前のきれいな夜景をご覧になりながらゆっくりとお寛ぎ下さい。

 

kawasak08

 

また坪庭の奥のお部屋は大切なご接待や、三世代が一堂に会す七五三のお祝いや、お節句やお顔合わせなどのお席に10名様までがご利用でき、大変ご好評いただいております。

 

kawasak02

 

部屋のしつらえもテーブルの上の行燈には、着物の帯をはり、部屋全体が雅な空間になるようにとしつらえました。

TOPへ戻る

toTOP