法事・法要の金額

お布施の相場

お布施とは、僧侶がお経をあげてくださることに対するお礼の気持ちを意味します。したがって、お寺に金額を尋ねても「お気持ちだけで結構です」と言われてしまうことも…でも、それでは困りますよね。一般的には、法事や法要のお布施は3~5万円とされています。

回忌や規模などにかかわらず必ずお支払するものですが、地域やお寺、読経時間などによって相場が変わってくることもあります。もっと詳しく気になるようであれば、葬儀社に尋ねてみるのもアリです。

お車代・お席料の用意

お車代とは、自宅などお寺以外の会場で法事を行う際に僧侶にお渡しするタクシー代です。

お寺で行う場合やタクシーなどの送迎を施主負担で用意する場合は、お車代をお渡しする必要はありません。お礼の気持ちも込めつつ、多めの金額(1万円程度)をお渡しする場合が多いようです。遠距離の場合は、足りないことは決してないようにしましょう。

また、お寺で法事を行う場合には場所代としてお席料をお渡しします。こちらも、お車代と同様に一万円程度が相場といわれています。

お膳料を忘れないように

法事の後には、お斎(とき)と呼ばれる食事会を催すのが一般的です。僧侶にもご参加いただけるよう声をお掛けしますが、参加を遠慮される場合もあります。

その場合は、お食事代として5千~2万円程度の御膳料をお渡しすることになっています。施主側の都合でお斎を行わない場合も同様です。このとき、僧侶には参列者と同じように折詰やお酒をお持ち帰りいただき、御膳料はお渡ししないというのもOKです。

ただ、御膳料のほうが喜ばれる、という意見も実はあります。

お布施の包み方

お布施やお車代などを包む際は、半紙でお札を包んだ中包みを奉書紙(ほうしょがみ)の上包みで包むのが正式のマナーです。
しかし、略式として一重の白い封筒に入れるだけでもOKです。

表書きは縦書きで“お布施”“お車代”“御膳料”等の下に“○○家”と家名を気持ち小さめに書き入れます。
あくまでも僧侶にとって不幸があったわけではないので、不祝儀袋に包むのはNGです。

同様に、上包みは慶事の包み方で作り、表書きは薄墨ではなく濃黒で書くようにしましょう。

お布施を渡すタイミング

「できるだけ早くお布施をお渡ししなくては…」というのが施主の正直な気持ちではあるでしょうが、焦らないようにしてください。

お布施やその他のお礼は、僧侶がお帰りになる直前にさりげなくお渡しするのが一般的です。お斎に出席されるのであればお斎の後に、出席されないのであれば法要の後ということになります。

お渡しするタイミングだけを気にしておけばよくなるように、お布施の包みなどの事前準備はしっかり終わらせておきましょう。

お布施を渡す際の作法

実は、お布施を僧侶にお渡しする際にも特別な作法とマナーがあるのです。

まず、僧侶がお座りになっているときにお渡しするようにしましょう。立ったままでは、もののついでのようになってしまいます。そして、金封は直接手渡しするのではなく、切手盆に載せてお渡ししましょう。

そして、「ありがとうございます」「どうも」などではなく、きちんとした挨拶を述べつつお渡しするのが理想的です。

お布施を渡す際の挨拶

お布施をお渡しする際の挨拶は、お経をあげていただいたことに対するお礼を述べることが主目的です。よって、あまり難しく考える必要はありません。

(例)本日は、ご多用のところ大変丁寧なお勤めを賜りありがとうございました。お陰様で、無事に法要を執り行うことができました。どうぞお納めください。今後ともどうかよろしくお願いいたします。お礼→お布施をお渡しする→今後についてのご挨拶、という流れになっています。

法事の際に必要なお金は、お布施だけではないのです。法事の当日、施主は参列客などにとても気を遣うため、金額、包み、渡し方など、お金関係のことは事前にしっかり考えて準備しておくことが大切です。

お布施とは僧侶に感謝の気持ちをお伝えすることです。その気持ちを忘れないことで、おのずと丁寧に準備を行うことができ、準備万端で当日を迎えることができるでしょう。

きじまの法事 詳しくはこちら
きじま 無料送迎バス

全店舗、10名様以上のご利用で無料送迎バスをご利用いただけます。

事前のご予約でお花のプレゼントや、記念撮影などのサービスがございます。

サプライズのお手伝いも喜んで承りますので、お気軽にお問い合わせください。

各店舗へのお問い合わせ