ご法要の種類(初七日・四十九日・一周忌)

初七日から四十九日のご法要

仏教では、人間は亡くなってから次の生を受けとるまで、四十九日あると考えられ、

この間の法要を中陰供養といいます。

初七日忌から七日ごとに七回行い四十九日目の七十七日忌をもって一般では忌明けになります。

◆初七日忌

・亡くなった日から数えて七日目に行うのが正式ですが、葬儀当日に併せて行う事が多いです。

◆二十七日・三十七日・四十七日忌

・各々死後十四日目、二十一日目、二十八日目。遺族で供養します。

◆五十七日忌

・死後三十五日目。僧侶を迎え手厚く供養します。

◆七十七日忌(四十九日)

・この日を持って忌明けとし、ご法要の後、精進おとしのお斎(会食)が行われます。

660_sisiodosi


百か日から一周忌のご法要

◆百か日忌

・死後百日目。一般には、遺族・親族で行う事が多いです。

◆一周忌

・死後満一年目に自宅や菩提寺などで、遺族・親族・知人などで供養し、精進おとしの会食をします。 亡き人が初めて迎えるお盆で、特に丁寧に仏の供養をする習わしです。

三回忌から五十回忌のご法要

一周忌がすむと、その後は三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌のご法要をそれぞれ行います。年忌法要は、亡くなった年も一年と数えるので、三回忌は満二年になりますが、それ以降の招待者はごく親しい人にしぼるのが普通のようです。ご法要後はやはりお斎(会食)を行う習わしです。

◆月忌・祥月命日

・月ごとにめぐってくる命日が月忌。毎年めぐってくる命日が祥月命日。

◆弔い上げ日

・三十三回忌または五十回忌で区切りをつけ、以降は先祖代々として供養します。

 

 

 

法事のご利用に戻る

TOPへ戻る

toTOP