きじまの七五三

七五三

お子様のお祝いで一番有名な七五三。

三歳の男の子と女の子、五歳の男の子、七歳の女の子を連れて11月15日に神社に参拝し、

健やかな成長を祈願する日本の伝統行事です。

660_753_jyoshi

七五三の由来

七五三の起源は室町時代といわれ、江戸時代の武家社会を中心に関東から全国へ広まったとされてます。当時は乳幼児の死亡率が高く、生まれて3~4年たってから子供は現在の戸籍にあたる人別帳や氏子台帳に登録していました。そのため、七五三のお祝いは、今まで無事に成長したことへの感謝と、幼児から少年・少女期への節目にこれからの将来と長寿を願う意味を持っていたようです。

当時は武家の儀式だったものが、次第に一般庶民にも広まり、男の子は三歳と五歳。女の子は三歳と七歳にお祝いする形ができ、子供の成長と幸せを願い、神様にお祈りと感謝をするお祝として普及し、明治時代になってから「七五三」という言葉が使われる様になったと言われています。

七五三の意味

七五三の、男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳にそれぞれの意味があります。

三歳・髪置の儀(かみおき)

平安時代は男女ともに生後7日で産毛を剃り、三歳までは坊主頭が普通でした。そして、三歳から髪を伸ばす事が出来るようになり、その為の儀式が「髪置の議」です。

五歳・袴着の儀(はかまぎ)

始まりは平安時代の風習で、子供はこの年齢の頃に初めて袴をつける儀式を行っていました。(男女ともに)その後、江戸時代になって、男児が初めて袴をつける儀式を五歳で行う様になり定着したものです。この袴を付ける儀式が「袴着の議」です。

七歳・帯解の儀(おびとき)

始まりは室町時代で、当時の子供は着物にひもをつけて着付けていましたが、このひもをとって、大人と同じ着物や帯を結ぶ様になる儀式が「帯解の儀」です。それまでは七歳の男女が行っていましたが、江戸時代から女児7歳、男児5歳と定められ、その後、現在の様な形になっています。

三歳で言葉を理解するようになり、五歳で知恵が付き、七歳で乳歯が生え代わるなど、発育してゆく上で病気にもなりやすく、様々な危険が伴う時期なので、子供の健やかな成長を氏神様にお祈りするようになりました。
660_753_boy

きじまのサービス

着物やスーツ姿での記念撮影、神社へのお参り、そしてご親族そろっての食事会が定番です。きじまでは、ご来店時に主役のお子様にサプライズとして手作りの名札や千歳飴のプレゼントをし、ご家族皆様でのお写真の撮影などのお手伝いをいたします。

きじまでは、晴れの日にふさわしい慶事会席のお料理を3コースをご用意致しております。

お料理のご紹介はこちら→慶事会席「喜び」5,000円(税込5,400円)

            慶事会席「結び」6,000円(税込6,480円)

            慶事会席「福寿」8,000円(税込8,640円)

主役のお子様のお料理は、大きなお椀の器に、彩り豊かなお料理を盛り込んだ御世継膳のご用意がございます。お料理のご紹介はこちら→御世継膳 2,500円(税込2,700円)

また、おめでたいお席をより華やかに彩る、真鯛の塩焼きなどのご用意ございます。

お料理のご紹介はこちら→真鯛塩焼 4,500円(税込4,860円)

またご家族が皆様がゆったりと心ゆくまでお過ごしいただける個室のご用意もございます。ご家族皆様が、思い出に残る七五三のお祝いを是非、きじまでお過しください。

ご予約はこちら

新横浜店はこちら

きじま川崎店はこちら

きじま東戸塚店はこちら

きじま本陣はこちら

きじま大船店はこちら

きじま赤門はこちら

慶事のご利用に戻る

TOPへ戻る

toTOP