長寿のお祝い

長寿のお祝い

長寿の祝いは「年祝」ともいわれ、長寿に達したことを喜び、それを記念する儀礼で、

日本古来からのしきたりが今日まで伝えられているものです。

長寿の祝いは、奈良時代に中国の風習を取り入れたもので、

初めは、数え年四十歳以降、十年ごとに、「四十の賀」、「五十の賀」、

「六十の賀」などと呼んで祝っていましたが、室町時代の末期頃から現在のように

還暦、古稀、喜寿と祝うようになりました。

還暦は、六十一年目に本卦(ほんけ)がえりといって、

うまれたときの干支(えと)にかえるところから、数え年で六十一歳のときに

お祝いをする風習が始まりました。以前は、赤いちゃんちゃんこや頭巾などを贈ったものですが、

これは「生まれた年にもどる=赤ちゃんにかえる」という意味があります。

古稀は、七十歳の祝いです。唐の詩人杜甫(とほ)の作「曲江の詩」の

「人生七十古来稀」にちなんだものといわれ、平均寿命の短かった昔には、

文字どおり七十歳まで生きる人は稀(まれ)だったわけです。

喜寿は、喜の字の祝いともいわれます。

これは、喜は草書体で七十七と読めるところからきたものです。

傘寿は、傘の略字が八十と読めるところから八十歳の長寿の祝です。

米寿は、八十八を組み合わせてみると米の字になるところから、八十八歳の長寿を祝います。

卒寿は、卒の草書体が九十と読めるところからきた、九十歳の祝いです。

白寿は、「白」に一を加えると「百」の字になるところからきた、九十九歳の祝いです。

あと一年、さらに長寿をと願いをこめて祝います。

長寿の祝いは、昔は数え年で行いましたが、現在では還暦以外は満年齢で祝う人が多いようです。

660_長寿のお祝い

長寿の祝い方

現代では還暦といっても、まだ現役で活躍している人も多いでしょうから、

お祝いのしかたは本人と相談して決めるのが宜しいかと思います。

昔は、還暦や古稀に達すると、その年に達した人が、お餅をつかせて親戚や知人に配り、

子どもや孫を集めて宴をひらいたものですが、最近では知人や親戚などが発起人となって

宴を催し、祝意を表すということが多くなってきたようです。

傘寿くらいからは、健康状態を考えて決めましょう。

660_長寿お祝い02

きじまでのサービス

きじまでは、長寿のお祝いのご年齢にあわせた色のちゃんちゃんこのご用意がございます。

お祝いをよりお楽しみ頂ける様、記念写真の撮影や花束のプレゼント、サプライズなど

スタッフが心を込めてお祝いのお手伝いを致します。

お祝いのご会食には、晴れの日にふさわしい慶事会席のお料理を

3コースをご用意致しております。

お料理のご紹介はこちら→慶事会席「喜び」5,000円(税込5,400円)

            慶事会席「結び」6,000円(税込6,480円)

            慶事会席「福寿」8,000円(税込8,640円)

主客の方のご体調にさわせてお料理の内容を変更する事もできますので、

お気軽に店舗にお問い合わせください。

子供一同、孫一同など全員そろってのお食事会はとても思い出に残るイベントだと思います。

10名様からご利用できる無料の送迎バス(28名様乗り)のご用意もございます。

車イスでのご来店にもご対応できますので、どうぞお問い合わせ下さい。660_無料送迎バス

→送迎バスについて詳しくはこちら

 

ご予約はこちら

新横浜店はこちら

きじま川崎店はこちら

きじま東戸塚店はこちら

きじま本陣はこちら

きじま大船店はこちら

慶事のご利用に戻る

TOPへ戻る

toTOP