ご葬儀のお香典

お香典とは

お香典とは故人に対する供養の気持ちを表し、故人の冥福を祈り供養をするために捧げるものです。

本来は花や線香をなども供物として供えられますが、現代の香典という名称を使う場合は主として現金をさします。香典の他に香料とも言われます。

お香典はいつ持参するの

お香典はお通夜または葬儀のいずれかに持参します。お通夜と葬儀の両方に出席する場合には、お香典はどちらの時に出しても構わないですが、もしお通夜の時に受付で香典をお渡しした場合には、ご葬儀の際は記帳だけとなります。

また、お通夜に急いで駆けつけたというような場合にはお香典を持参をしないで受付では記帳だけをし、ご葬儀の時に改めてお香典を持参します。お通夜・ご葬儀のときと、ご法要とでは、のし袋の表書きが異なりますので注意をしましょう。仏教の場合はのしの表書きは「御霊前」「御香料」などです。表書きが印刷されているものを使っても失礼にはあたりません。中でも最も一般的なのは「御霊前」で、この表書きは、通夜・葬儀だけではなく四十九日(忌明け)より前の法要でも用いられます。

のし袋を選ぶ時には、中に入れる金額にふさわしい袋を選ぶ様にします。お香典を数千円しか入れないのに、袋ばかりが立派では受け取り手も違和感がありますし、逆に高額のお香典を包む時には、袋もそれなりに立派なものにします。

水引は黒白または双銀の水引で、結び切りまたはあわじ結び(あわじ結びとは、結び切りより、結び目が豪華でアワビのような形になったもの。あわび結びとも言います)蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用です。

お香典の金額の相場と目安

お香典として包む金額は、個人とのおつき合いの深さによって変わってきます。通常、故人にお世話になった場合以外に、故人の遺族とおつきあいがある場合にもお悔やみの気持ちを込めてお香典を包みます。

●故人が勤務先の上司(本人)の場合:
20代・5千~1万円・30代・5千~1万円、40代・1万円~

●故人が勤務先の上司の家族の場合:
20代・3千~5千円、30代・3千~1万円、40代・5千~1万円

●故人が勤務先の社員や同僚(本人)の場合:
20代・5千円、30代・5千~1万円円、40代・1万円~

●故人が勤務先の社員や同僚の家族の場合:
20代・3千~5千円、30代・3千~1万円、40代・3千~1万円

●故人が親しい友人(本人)の場合:
20代・5千~1万円・30代・1万~3万円、40代・1万円~3万円

●故人が親しい友人の家族の場合:
20代・3千~5千円・30代・3千~1万円、40代・3千~1万円

●故人が祖父母の場合:
20代・1万円・30代・1万円~3万円、40代・3万~5万円

●故人が両親の場合:
20代・3万円~10万円・30代・5万~10万円、40代・5万~10万円

●故人が兄弟・姉妹の場合:
3万円~10万円・30代・5万~10万円、40代・5万~10万円 ・20代・3万~5万円・30代・5万円、40代・5万円

●故人が叔父、叔母の場合:
20代・1万円・30代・1万~2万円、40代・1万~3万円

●故人がお子様のお稽古後との先生や塾の講師(本人、その家族)の場合:
20代・5千円、30代・5千円、40代・5千円

●故人が知人の場合:
20代・3千~5千円・30代・3千~1万円、40代・5千~1万円

●故人がお仲人の場合:
20代・1万円・30代・1万円、40代・1万円~

●故人が隣近所の場合:
20代・3千~5千円・30代・3千~1万円、40代・3千~1万円

※地方によっては隣近所とのおつき合いが希薄になっており、「全く近所づきあいがない」ということもあります。自分だけが香典を出す・或いは自分だけが香典を出さないというのもおつきあい上バランスを欠くものです。周りの人と相談して決めても良いでしょう。

※同僚たちでお香典をまとめる場合、トータルの金額は、端数がないようにします。(〇万円、千円はOK。千円はNGです。また、4、9などの数字は死、苦を連想させるため好ましくありません。)

きじまの法事 詳しくはこちら
きじま 無料送迎バス

全店舗、10名様以上のご利用で無料送迎バスをご利用いただけます。

事前のご予約でお花のプレゼントや、記念撮影などのサービスがございます。

サプライズのお手伝いも喜んで承りますので、お気軽にお問い合わせください。

各店舗へのお問い合わせ