百箇日の法事・法要のお供え物

百箇日とは

故人の命日から100日経過した日を百箇日(ひゃかにち)といいます。

この時に行う、法事・法要を百箇日法要といいます。百箇日法要もしくは百箇日法事は卒哭忌(そっこくき)とも呼ばれ、この百箇日法要(法事)をもって、残された遺族は「哭(な)くことから卒(しゅっ)する」、つまり、故人を失った悲しみから脱し、泣きくれる日々を終えるも意味する。

一般的に百箇日法要(法事は)親族や近隣者のみの間柄で自宅に僧侶を招きいれて、仏前にて行います。

百箇日のお供え物

一般的にお花などのお供え物が良いとされています。百箇日は周忌が終わってからの法事・法要となるので、お供えできる花の色や種類の選択の幅が広がります。よく見受けられるのが「生前故人が好きだった花」など故人にゆかりのあるものをお供えするといったことです。

一方で、あくまで故人を偲ぶ場ですので、派手すぎるようなものを選ぶことはさけましょう。法事・法要のお供え物に仕上げるには、白を基調に少し淡い色のお花や故人が好きだった花を混ぜると派手すぎず。淑やかな感じで仕上がります。ほかには、お茶やお菓子、石鹸、タオルといったものがよく百箇日法要・法事の際にはお供えされることが多いようです。

お菓子の場合、お花と同様に「生前故人が好きだったお菓子」をお供えする方もよく見受けられます。お供えする場合、のしは「外のし」で、お店で購入の際にはお供えであることをお店の人に伝えましょう。また、お菓子を選ぶ際にはある程度を日持ちをするものを選びましょう。

個別に小分けされていて分けやすい小物のほうが、集まった親戚の方々に持って帰っていただきやすいです。

お供え物でNGなもの

基本的には肉や魚などの生ものを殺生を意味するのでNGとされています。

ただし、果物や野菜などの生ものはよしとされています。その他にも実は「お酒」や「たばこ」もダメだというお坊さんもいらっしゃるようです。故人はビールや日本酒、たばこなどを好きだった場合、お供え物にこれらをお供えすることはよく見受けられます。

宗派などによるところもあると思いますが、百箇日法要(法事)をもって、残された遺族は「哭(な)くことから卒(しゅっ)する」ことができたので、生前故人が好きだったものをお供えすることは悪いことではなく、むしろ良いことではないのかと感じます。

また、食べ物や飲み物をお供えするときの注意事項として、夏場などの気温の高い時期・湿気の多い時期は腐りやすいので、お供えをしたらその日のうちに持ち帰るようにしましょう。

きじま 無料送迎バス

全店舗、10名様以上のご利用で無料送迎バスをご利用いただけます。

事前のご予約でお花のプレゼントや、記念撮影などのサービスがございます。

サプライズのお手伝いも喜んで承りますので、お気軽にお問い合わせください。

各店舗へのお問い合わせ