葬式(葬儀・告別式)とは

「葬儀」と「告別式」の違い

人の一生には、様々な通過儀礼があります。そして、その最後に行われるものが、「お葬式」であり、これを欠くことで人の一生は完結しないと言ってもいいでしょう。

ところが、それほど大切なものであるにもかかわらず、お葬式に関する初歩的なことさえ、理解されていないことが多いのが実状です。

例えば、お葬式と葬儀、あるいは告別式について、それぞれがどう違うのかと聞かれて、みなさんはすぐにおわかりになりますでしょうか?
まず、理解しておいていただきたいのは、「お葬式」という言葉は、もともと「葬儀」と「告別式」という二つの言葉によって合成されたものであり、それに伴って、お葬式の中身も葬儀と告別式が一体化して行うのが普通になりました。

葬儀に参列すると、お坊さんの読経が始まり、まず遺族、親族にあたる人たちが焼香を済ませます。厳密に言えば、ここまでが葬儀ということになり、その後の一般参列者の焼香からが告別式になるわけですが、明確に区切って行っているケースは今ではないと言っていいのではないかと思います。

葬儀とは

葬儀は、親族や知人が故人の冥福を祈り、死者を葬る儀式のことです。 宗教・宗派によって異なりますが、僧侶が読経、神官による祭詞、しのびの歌の奉唱、聖書の朗読、祈祷、焼香、出棺、火葬などが葬儀にあたります。

葬儀の様式にはそれを行う人たちの死生観、宗教観が深く反映されます。また、葬儀は故人のためだけでなく、残された人のために行われるという意味合いもあり、残された人々が人の死を心の中で受け止めるのを援助する儀式でもあるのです。

告別式とは

告別式はその字が示すように「故人に別れを告げる式典」です。故人が生前に交流のあった地域住民の人たちや会社関係者などが参列して、お別れを行うものです。

お通夜とは

「葬儀」「告別式」の他に「お通夜」があります。「お通夜」は、死者を葬る前に親族・知人などがご遺体のそばで過ごし、供養したり、別れを惜しんだりすることです。

夜の間灯りを絶やさずに冥福を祈りながら、故人の傍で過します。

以前は夜を通して行われていましたが、現在の多くは、1時間から3時間程度で終わる「半通夜」になっています。また、告別式に出席できない人が故人とお別れをする場にもなってきています。

番外編

故人が有名芸能人であれば、近親者のみで葬儀と告別式を行い、日を改めて、一緒に仕事をした仲間などが集まって別れを告げる告別式があり、その告別式の会場外に焼香台や献花台を設け、ファンなどが焼香・献花するといった形で行われることもあります。

きじま 無料送迎バス

全店舗、10名様以上のご利用で無料送迎バスをご利用いただけます。

事前のご予約でお花のプレゼントや、記念撮影などのサービスがございます。

サプライズのお手伝いも喜んで承りますので、お気軽にお問い合わせください。

各店舗へのお問い合わせ