きじまについて

きじまは昭和五十五年に戸塚駅西口交番前に「海幸料理きじま」を創業しました。
どこよりも新鮮な海の幸をお客様にご提供するお店を目指し、
自社で開発した活魚運搬車を使って浜から活魚・鮮魚を直接買い付け、活きたまま店の水槽に泳がせます。

お客様のご注文でさばく活いかや魚の姿造りが入った「海幸盛」をはじめとする
種類も豊富な海の幸を創業の頃より一貫してご提供しお客様にお楽しみいただいております。

きじまの「安心・安全」

本当の「安心・安全」とはどのようなものでしょうか。
レストランにとっての安心・安全とは言い換えれば、「お客様を不安にさせない」ことだときじまは考えます。
全てのお客様の大切な「食」に対して隅々までしっかりと責任を持ちながら、
安心して美味しいお料理を召し上がっていただくための取組みは今日も続いています。

現代は食に関しての情報が錯綜し、化学物質や食品添加物についても、何をもって“安心”なのか、
果たしてどの程度“安全”なのか、我々でもわからなくなってしまうほどです。
そこできじまは、添加物に関して、“何も使わなければ、そもそも議論の余地がない”と考えました。

生産者さんとのかかわりを深め原材料を刷新していくなかできじまが確信したのは、
伝統的な製法を守って丁寧に作られた調味料は添加物を必要としないこと、そしてなにより美味しいということでした。

何事もわかりやすく、単純明快に。
ひとつひとつの化学物質や食品添加物に関して、その量や安全性を議論するよりむしろ、
“お客様を不安にさせるものは初めから一つも使わない。”
それが、きじまの考える「安心・安全」です。

どうぞ、安心してきじまでのお食事をお楽しみください。