ひな祭りのおはなし

3月3日のひな祭りとは

3月3日は「ひな祭り」。女の子の健やかな成長を願い、美しいひな人形を飾ってお祝いする、日本の春の伝統行事です。実はこのひな祭り、もともとは女の子のためのお祭りではなく、邪気が入りやすい季節に「穢れ(けがれ)」を祓う(はらう)ための儀式だったそうです。

ひな祭りの由来

日本のひな祭りの由来は、3世紀前後の古代中国で行っていた風習に基づくといわれています。

中国では、“季節の変わり目は災いをもたらす邪気が入りやすい”と考えられ、3月最初の巳の日=上巳(じょうみ)に水辺で禊(みそぎ:心身の穢れを祓い清めること)を行ったり、盃を水に流して自分のところに流れ着くまでに詩歌を読む「曲水の宴(きょくすいのうたげ)」を行う風習がありました。

これがやがて遣唐使によって日本に伝えられ、禊(みそぎ)の神事と結びつきます。当初は、天子(天皇のこと)をお祓いするための儀式であったものが、平安時代には宮中行事へと変化したといわれています。

川のほとりに男女が集まり、災厄を祓う「上巳の祓い」として、「曲水の宴」を催したり、草木や紙などでかたどった人形(ひとがた)で自分の体をなでて穢れを移し、川や海へ流す儀式が行われるようになりました。現在でも日本の各地で行われている「流し雛」は、この名残といわれています。

3月3日が女性のお祭りになったのはいつ頃

はじめは宮中の行事であった「上巳の祓い」が、時とともに武家社会へと浸透していきます。やがて室町時代の頃になると日付が変動しないよう、3月3日と固定されました。しかし、この頃から安土・桃山時代にかけては、まだひな人形を飾って遊ぶ今のひな祭りとはかけはなれた、祓いの行事でした。

3月3日が華やかな女性のお祭りとなるのは、戦国の世が終り、世の中が平和になった江戸時代からのことです。徳川幕府によって「上巳の節句(3月3日)」が「五節句」のひとつに定められ、「人日の節句(1月7日)」「端午の節句(5月5日)」「七夕の節句(7月7日)」「重陽の節句(9月9日)」と並ぶ、重要な年中行事となりました。

もともと「上巳の節句」は男女の区別なく行われていた行事でしたが、「端午の節句」が男の子の節句として祝われるようになったことに対して、3月3日が女の子の節句として定着するようになったのです。

流し雛から、ひな人形へ

もともとは穢れ(けがれ)を移すための身代わりである形代(かたしろ)として使われていた人形(ひとがた)は川に流してしまうことから、素材も藁や紙など質素なものでしたが、平安時代、人形(ひとがた)とは別に、宮中で流行した、幼女が遊ぶ小さな人形(にんぎょう)がありました。

この人形を使った遊びを「ひいな遊び」といい、やがて、ひいな遊びの人形(にんぎょう)と、身代わりとなる人形(ひとがた)が結びつき、人の厄を受ける男女一対の紙製立雛が誕生して、これが、「ひな人形」の原型となりました。

やがて時代がうつり、人形作りの技術が発展し、立派なひな人形ができてくると、ひな人形は流すものから飾るものへと変化していきました。

上流階級では、嫁入り道具に豪華なひな人形を持たせるようになり、婚礼の様子や婚礼道具を模したものが好まれるようになりました。特に江戸時代以降、ひな人形はその家の財力の象徴として華やかさを増してゆき、最初は「内裏雛(だいりびな)」だけだったものから、二段、三段・・・七段と、豪華な雛壇を飾るようなっていきます。あまりの過熱ぶりに、江戸幕府は贅沢を制限する禁令を出したほどだそうです。

また、初めは若い娘たちが主役だったひな祭りの行事に、赤ちゃんが加わるようになります。女の子が生まれるとひな人形を用意して、その子の形代(かたしろ)と考えて飾り、“どうぞ災いがふりかかりませんように、また、美しく成長してよい結婚に恵まれ、人生の幸福を得られますように”という願いを込めてお祝いする「初節句」の風習が広まっていきました。

こうしてひな祭りは、祓いの儀式であったものが徐々に形を変え、女の子の成長と幸せを願うお祭りとなって、庶民の間へ定着し、今に続く女の子の成長を願う日本の伝統行事となりました。

きじまの慶事 詳しくはこちら
きじま 無料送迎バス

全店舗、10名様以上のご利用で無料送迎バスをご利用いただけます。

事前のご予約でお花のプレゼントや、記念撮影などのサービスがございます。

サプライズのお手伝いも喜んで承りますので、お気軽にお問い合わせください。

各店舗へのお問い合わせ